男性看護師の転職を応援する求人サイトはどこ?

看護師はまだまだ、女性がほとんどを占める仕事となっています。しかし、1割程度ですが男性で看護師として働いている人がいて、徐々に男性の看護師希望者も増加しているそうです。給与面でも、東京などの一般企業より景気に左右される可能性が少ないことなどが、理由としてあげられるそうです。


男性看護師の転職は希望の科やスキルアップが多い

男性が転職する場合、人間関係というよりも、自分が希望する科へ何年も配属されていない、スキルアップをはかりたいが今の病院では昼間の講習に行けないなど、自身の希望する看護ができないことが多いと言われるそうです。男性の場合、力が必要な科に回されてしまうことも多いので、本人の希望が数年通らずに別の科での勤務を強いられるケースも多いそうです。


必ず面接で、希望の科への配属を伝えよう

せっかく慣れた病院を離れるのに、配属が次の病院でもかなわないというのでは意味がありませんから、面接やコーディネーターとの相談のときに、自分の希望する科への配属を絶対条件とするくらいのことをしましょう。まだ人数が少ない男性ナースは貴重な存在ですから、大学病院なども男性ナースを希望するケースは非常に多いと言われています。