子どものいる看護師が復帰するときは

看護師の離職理由に多いものが、結婚や妊娠に伴う辞職といわれるそうです。現在休職期間を設けるなど、妊娠、出産へ積極的な病院も多くありますが、結婚に伴って、引っ越しを行ったなどの理由や、ある程度の期間は子育てをしてから、復帰するという看護師も少なくないと言われるようです。


先輩看護師にママがいる病院を

できれば転職先の看護婦長や役職にある看護師も、妊娠、出産経験のある病院がいいでしょう。看護師としても、育児をしながら仕事をするコツなども教えてもらうことができるかもしれません。また部長や婦長などにも子育てをした看護師を置くということは、その病院が子育てや子どものいるナースを大切にしているということにもなります。東京でも託児所を院内に設ける病院もあるそうです。


近くに保育園のある病院を選ぶ

保育園児童であれば、病院の近くに園があるなど、できるだけ子育てをしやすい環境にある病院を選ぶことも大切です。熱を出した、けがをしたなどで、できるだけ早く子どもをお迎えに行ける環境であれば、仕事にも集中しやすいという声もあるそうです。家族と相談して、勤務時間の希望などもしっかりと伝えることで、勤務後のトラブルもできるだけ少なくなるそうです。