クリニック勤務を希望する看護師に求められる能力

看護師は多くの場合、一番最初に配属される場所が病棟となっているそうです。病棟勤務では、入院している患者さんのケアを中心に現場の仕事を覚えていきます。科によって変わりますが、最初は先輩と2人で1組のペアで行動し、実践を積むのです。


看護師が病棟で覚えるのは技術だけじゃない

病棟にはいろいろな患者さんが入院しています。朝の検温などで患者さんと直接、1対1で会話をすることで、患者さんの声から体調の良し悪しや、言いたいこと、伝えたいことをくみ取る学習にもなるそうです。これは外来などになると、もっと時間をかけずにドクターへ患者さんの要望を伝える必要があるなど、夜勤のない勤務やクリニックでは、非常に大切な能力となるそうです。


クリニックは幅広い年齢の患者さんに対応

小さなクリニックなどでは看護師が数名だけ、という場合もあります。こうなると、受付業務、採血など、看護師が行う仕事も非常に幅広くなるそうです。クリニックに転職をしたいと思う人も増えてきたそうですが、小さな病院ほど、ナースのヒアリング能力、コミュニケーション能力が問われる現場になっていると言われているそうです。これは東京でも地方でも大きな差がないといわれているようですよ。