男性看護師の転職を応援する求人サイトはどこ?

看護師はまだまだ、女性がほとんどを占める仕事となっています。しかし、1割程度ですが男性で看護師として働いている人がいて、徐々に男性の看護師希望者も増加しているそうです。給与面でも、東京などの一般企業より景気に左右される可能性が少ないことなどが、理由としてあげられるそうです。


男性看護師の転職は希望の科やスキルアップが多い

男性が転職する場合、人間関係というよりも、自分が希望する科へ何年も配属されていない、スキルアップをはかりたいが今の病院では昼間の講習に行けないなど、自身の希望する看護ができないことが多いと言われるそうです。男性の場合、力が必要な科に回されてしまうことも多いので、本人の希望が数年通らずに別の科での勤務を強いられるケースも多いそうです。


必ず面接で、希望の科への配属を伝えよう

せっかく慣れた病院を離れるのに、配属が次の病院でもかなわないというのでは意味がありませんから、面接やコーディネーターとの相談のときに、自分の希望する科への配属を絶対条件とするくらいのことをしましょう。まだ人数が少ない男性ナースは貴重な存在ですから、大学病院なども男性ナースを希望するケースは非常に多いと言われています。

病院以外で看護師の資格を活かしたい

看護師の仕事は、病院以外にも介護の現場などあらゆる場所に広がっています。看護師の仕事には実は超短期の日雇い勤務などもあるそうです。こんなところにも、というほど、病気と無縁な人の近くにもあるようです。ナースの日雇い?って思いますが、イベントなどでもいるんだそうです。


ブランクのある看護師にも人気のイベントナース

これはライブイベントや小学校の遠足など、けが人が出やすい、あるいは非日常的な空間で病人などへの急いだ対応ができない場合などに活躍するそうです。ここ数年、潜在看護師などと呼ばれるナースが復帰前にカンを取り戻すために利用するほか、転職を考えているナースが利用することもあるそうです。東京や大阪などの主要都市のほうに仕事が集中するように見えますが、フェスなどは地方も多いので、案外求人は全国区になるようですよ。


患者さんの症状に合わせて対応をする判断力が必要

おおきな規模になれば、患者さんも多くなります。興奮して過呼吸になって運ばれる人もいれば、体調がもともと悪く、無理をして倒れてしまう人もいますし、けがをして救護室へ運ばれることもあるでしょう。運ばれた人の症状などから、素早く原因を突き止め、処置をする判断力が必要です。人間関係に悩まされることのない超短期勤務ですが、その分、自分の力が必要になるという声もあるそうです。

クリニック勤務を希望する看護師に求められる能力

看護師は多くの場合、一番最初に配属される場所が病棟となっているそうです。病棟勤務では、入院している患者さんのケアを中心に現場の仕事を覚えていきます。科によって変わりますが、最初は先輩と2人で1組のペアで行動し、実践を積むのです。


看護師が病棟で覚えるのは技術だけじゃない

病棟にはいろいろな患者さんが入院しています。朝の検温などで患者さんと直接、1対1で会話をすることで、患者さんの声から体調の良し悪しや、言いたいこと、伝えたいことをくみ取る学習にもなるそうです。これは外来などになると、もっと時間をかけずにドクターへ患者さんの要望を伝える必要があるなど、夜勤のない勤務やクリニックでは、非常に大切な能力となるそうです。


クリニックは幅広い年齢の患者さんに対応

小さなクリニックなどでは看護師が数名だけ、という場合もあります。こうなると、受付業務、採血など、看護師が行う仕事も非常に幅広くなるそうです。クリニックに転職をしたいと思う人も増えてきたそうですが、小さな病院ほど、ナースのヒアリング能力、コミュニケーション能力が問われる現場になっていると言われているそうです。これは東京でも地方でも大きな差がないといわれているようですよ。

新人看護師の転職はどうなるの?

看護師になったばかりの新人ナースでも、夏などに転職を考える人もいるそうです。これには病院の研修体制などが問題となっていて、まともに現場のことを教えてもらえないまま、患者さんのケアを行っているなどの問題があるそうです。


新人看護師は一番辞めてしまいたいとき?

ここで問題になるのは初めて仕事をする場所ということから、病院の研修がどのくらい充実しているか、あるいは研修がほとんどない状態なのかを判断できないということです。他に比較対象などもないので、上京して東京に住んでいるというナースでも、看護師の仕事のハードさについていけなくなってしまう例が多いそうです。仕事がわからない、うまくいかないので、新人はもっとも辞めたくなる時期、という声も看護師にはあるそうです。


転職するなら相談してから

実際、本当に転職を考える場合は、まずコーディネーターなどに研修制度がちゃんとしている病院を紹介してもらう、自分の職場の研修制度などを話してみましょう。本当に研修がないだけなのか、現場の速さに疲れてしまっているだけなのかを、新人が自分だけで判断するのは危険です。問題がないのであれば、慣れるまでの3年間は同じ病院へ在籍するほうが、キャリアアップを考えたときにも有利になるそうです。

ブランクのある看護師の再就職に転職サイトを

病院や医療業界全体で看護師不足が深刻な問題となっている中、看護師資格を所有しているが看護に関係のない仕事をしている、という人も多くなっているそうです。この多くが妊娠や出産などをきっかけに病院を辞めてしまった看護師などだそうです。


ブランクがあっても看護師研修を行ってフォローする病院も

人材不足から、ブランクのある看護師へ、転職後に研修を行うという病院も増えているそうです。育成環境を病院が整えることで、ナースとして復帰してほしいという考えだと思います。数年のブランクであれば、思うよりも早く復帰ができるという声もあるそうですから、ナースとしてもう一度働いてみたいという看護師にはチャンスなのかもしれません。


転職サイトで研修制度が充実した病院を

転職専門サイトなどでは、ブランクがあるというナースの相談にも乗ってくれるそうです。研修制度が充実している病院や、ブランクのあるナースを積極的に受け入れている病院も多くなっているそうですから、安心して現場に戻れる病院かどうかを重視して選ぶといいそうです。また、研修を受けて他のナースからのバックアップも受けやすいと言われる病棟勤務であっても日勤だけをパートで募集している病院も東京でも多くなっているそうです。

子どものいる看護師が復帰するときは

看護師の離職理由に多いものが、結婚や妊娠に伴う辞職といわれるそうです。現在休職期間を設けるなど、妊娠、出産へ積極的な病院も多くありますが、結婚に伴って、引っ越しを行ったなどの理由や、ある程度の期間は子育てをしてから、復帰するという看護師も少なくないと言われるようです。


先輩看護師にママがいる病院を

できれば転職先の看護婦長や役職にある看護師も、妊娠、出産経験のある病院がいいでしょう。看護師としても、育児をしながら仕事をするコツなども教えてもらうことができるかもしれません。また部長や婦長などにも子育てをした看護師を置くということは、その病院が子育てや子どものいるナースを大切にしているということにもなります。東京でも託児所を院内に設ける病院もあるそうです。


近くに保育園のある病院を選ぶ

保育園児童であれば、病院の近くに園があるなど、できるだけ子育てをしやすい環境にある病院を選ぶことも大切です。熱を出した、けがをしたなどで、できるだけ早く子どもをお迎えに行ける環境であれば、仕事にも集中しやすいという声もあるそうです。家族と相談して、勤務時間の希望などもしっかりと伝えることで、勤務後のトラブルもできるだけ少なくなるそうです。